International Rugby Academy of New Zealand - IRANZ

選手、コーチ、チーム育成のための世界最高峰ラグビーアカデミー

IRANZについて

IRANZはラグビーニュージーランド代表オールブラックスのNo. 8でキャプテンもつとめたマレー・メクステッド氏によって設立され、以後プレーヤーだけでなくコーチやチームにも世界最高レベルのラグビー留学プログラムを提供しています。IRANZの大きな特徴はコーチ陣。ラグビーワールドカップ2019日本大会だけで見てもエディ・ジョーンズ(イングランド代表HC)、ジェイミー・ジョセフ(日本代表HC)、トニー・ブラウン(日本代表C)、スティーブ・ハンセン(ニュージーランド代表オールブラックスHC)を含む19名の文字通り世界最高峰のコーチ陣をこれまで採用し、ポジション別にマンツーマンまたは少人数でのコーチングを行っています。またプレーヤーとしてもラグビーワールドカップ2019日本大会には日本代表のラピース・ラブスカフニ選手や4名のオールブラックスを含む合計17名のIRANZ卒業生が出場しておりその質の高さを証明しています。まさにラグビー留学としては世界最高クラスの環境と言えるでしょう。2020年にはリーグワン・クボタスピアーズ船橋・東京ベイの岸岡智樹選手も留学しています。

コース

IRANZプレーヤーコースは、自分自身を成長させ、最終的にはより高い名誉を得たいと願う野心的なラグビープレーヤーに、独立したハイパフォーマンスの道筋を提供するように設計されています。

 

オールブラックス・ツアーの環境を模してデザインされたこのコースは、メンタル、フィジカル、技術、戦術、ポジションに関する正しい知識を習得し、即戦力としてプレーできるようになることを保証するものです。

 

各プログラムは、プレーヤーとして潜在能力を発揮するために必要な重要な技術、戦術、メンタル、フィジカルスキルをカバーするように設計されています。ポジション別授業、スキル開発、メンタルタフネス、ラグビーインテリジェンス、セルフマネジメントに重点を置き、フィールド内外でパフォーマンスを向上できるようデザインされています。

 

IRANZプレーヤーコースは「完全没入型」です。つまり、参加者はコース期間中、ラグビーキャンプスタイルの環境の中で一緒に過ごすことになります。

 

プレーヤーコースのファシリテーターとスタッフコーチは、世界のラグビー界の現役および元エリートから選ばれており、参加者は現在のラグビー界で最も優れた人たちから直接学ぶ機会を得ることができます。

 

ポジション別コーチング

 

各コースでは、そのポジションを専門とする現役または元国際選手やコーチと1対1でじっくりと学ぶことができ、他では得られない成長の機会を提供します。コースとポジションに応じたアセスメントを実施することで、受講者は自分の強みと課題を深く理解し、コース終了後も成長の土台となるポストコース開発計画を策定します。

元イングランド代表ヘッドコーチのブライアン・アシュトン、IRANZ選手コースへの想いを語る

ハイパフォーマンスコース

19歳以上のプロ志望選手を対象とした2週間の集中コース。ニュージーランドに滞在し、IRANZ認定クラブで1シーズンプレーすることができます。

 

サマーキャンプ日程: 2022年7月17日〜28日

上級プレーヤーコース

潜在能力を最大限に発揮したい意欲的な16〜19歳のプレーヤーを対象とした7日間の集中型プログラム。

 

サマーキャンプ日程: 2022年7月17日〜23日

中級プレーヤーコース

13歳から15歳の選手が潜在能力を最大限に発揮するための基礎作りを目的とした5日間のプログラムです。

 

サマーキャンプ日程: 2022年7月19日〜23日

女子プレーヤーコース

16歳以上の女性プレーヤーで、プレーヤーとしてのキャリアをスタートさせ、急成長中の女子ラグビーで優位に立つための最高の機会を求めている人向け

ジュニアプレーヤーコース

11~13歳の選手を対象に、プロのラグビー環境を体験できる「ジュニア・プレーヤーズ・コース」。

コーチコース

IRANZコーチコースは、ラグビーコーチを目指す人が成功するための青写真、戦略、構造を提供するために作られたもので、自分のコーチング環境に適用することができます。

カスタマイズコース(チーム遠征)

IRANZカスタマイズ・コースは、お客様の組織のニーズに合わせて特別にデザインされます。ラグビーチームやグループであれば、私たちの専門家チームとニーズを話し合い、要件や目標に合わせてカスタマイズしたプログラムやツアーを提供することができます。

IRANZスタッフ・コーチ

IRANZのスタッフコーチは、現在のゲーム界で最も経験豊かで知識豊富なコーチや元選手たちです。

 

IRANZのコースでは、参加者はこれらのプロフェッショナルと1対1の近い距離で仕事をする機会を得ることができます。これは、選手とコーチの成長を飛躍的に加速させる「IRANZ方程式」の一部です。

 

IRANZのコースでは、現役の国際コーチやごく最近の国際コーチのような「スペシャリスト」が登場することが多いですが、以下はIRANZで定期的に登場するスタッフコーチのリストです。

コリン・クーパー

コースファシリテーター/フォワードスペシャリスト

 

選手歴: オールブラックスマオリヘッドコーチ2013~17年、ハリケーンズヘッドコーチ2003~10年、チーフスヘッドコーチ2018~19年

 

コリン・クーパーは、選手中心のコーチングスタイルで知られています。チーム内のすべての選手と密接に連携し、共に望ましい結果に到達できるよう配慮する彼は、IRANZのコース・ファシリテーターとして理想的です。


クリスチャン・カレン

ウイング/フルバック ポジション別コーチ

 

選手歴: オールブラック 1996-2002(60キャップ)、ハリケーンズ スーパーラグビー 1996-2003、マンスター 2003-2007。

 

クリスチャン・カレンは、今日、ラグビー界で最も致命的なランニングフルバックの一人として知られています。58回のテストに参加し46トライをあげたカレンは、国際ラグビー界で9番目に多いトライスコアラーである。


デイブ・エリス 

スキルコーチ、ハーフバック&ファーストファイブポジションスペシフィックコーチ  

 

選手歴: アシスタントコーチ/スキルコーチ ブルーズ スーパーラグビー2016-2018、アシスタントコーチ/スキルコーチ コナハト ラグビーPro12、ブラックファーンズ

 

年齢別代表チームのラグビーを経て、スキルに特化した情熱的なコーチになる。オークランド・ブルース、コンナハト・ラグビー、ブラックファーンズでコーチを務め、現在、世界最高のスキルコーチの一人とみなされている。


クリス・ジャック 

ロックポジションスペシフィックコーチ  

 

選手歴: オールブラック2001-2007 (67 Caps), クルセイダーズ スーパーラグビー1999-2007, UKプレミアシップ2007-2009

 

カンタベリーでプロとしてのキャリアをスタートさせたクリス・ジャックは、クルセイダーズで頭角を現し、110試合のスーパーラグビー出場と5度のスーパーラグビー優勝を経験した。2001年にオールブラックスで初めて先発出場し、その後67テストに出場、オールブラックス史上最も偉大なロックの一人とみなされている。


ジョージ・ホワイトロック

フランカー ポジション別コーチ

 

選手歴: オールブラックス 2009 (1 Cap), クルセイダーズ スーパーラグビー 2008-2014 (86 Caps), カンタベリー 2008-2014, オタゴ 2007

 

ジョージ・ホワイトロックは、U19とU21ニュージーランド代表のキャプテンを務めた後、カンタベリーやクルセイダーズでプロとして大成功を収め、86キャップを獲得した。2009年、イタリア戦でベンチ入りし、トライを決め、これが自身唯一のオールブラックスキャップとなりました。


ピタ・アラティニ 

ミッドフィールドポジション別コーチ  

 

選手歴: オールブラックス 1999-2001(17キャップ)、ハイランダーズ、ハリケーンズ スーパーラグビー 1998-2003。トンガ アシスタントコーチ 2018

 

ピタ・アラティニは、NPCで80試合以上、スーパーラグビーで72試合出場し、オールブラックスで17キャップを獲得した。ピタは、中盤の両ポジションをマスターし、優れたオフロード能力とファーストディフェンダーを倒すコツを身につけた。


ピリ・ウィープー

ハーフバックポジションスペシフィックコーチ

 

選手歴: オールブラックス 2009 (73 Caps)、ハリケーンズ スーパーラグビー 2004-2011 (84 Caps)、ブルース スーパーラグビー 2012-2014, ウェリントン 2003-2011

 

ウィープーは主にハーフバックとして知られているが、10番のジャージにも精通している。2011年のラグビーワールドカップで優勝したオールブラックスの一員として、オールブラックスで73キャップ、ハリケーンズとブルースで120以上のスーパーラグビーキャップを獲得した。


カート・ベイカー 

セブンス&アウトサイドバック ポジション別コーチ  

 

選手歴: マオリ・オールブラックス 2012-2015、オールブラックス 2008-、ハイランダーズ・スーパーラグビー 2011-2015、マナワツおよびタラナキNPC 2008-。

 

カート・ベイカーは、ラグビー7と15-a-sideの両方で素晴らしいキャリアを築き、現在もその遺産を増やし続けています。マオリ・オールブラックスでは6試合に出場し、オールブラックスでのキャップ数を増やし続けています。


アンドレ・ベル 

ファーストファイブ&アウトサイドバックス ポジション別コーチ

 

選手歴: Connacht Rugby Pro12 Assistant Coach 2014-2015、Wellington Lions Assistant Coach 2017-2018、Bay of Plenty/Otago NPC (54試合出場)

 

アンドレ・ベルは、プレーとコーチの両方で輝かしいキャリアを積んできました。NPCでの64試合の大半をファーストファイブでプレーしたアンドレは、このエリアを得意としており、アタックと戦術的な意識について素晴らしい見識を提供しています。


ジェフ・ウィルソン

ウイング/フルバック ポジション別コーチ

 

選手歴: オールブラック 1993年~2002年(72キャップ)、ハイランダーズ スーパーラグビー 1996年~2002年

 

ジェフ・ウィルソンは、ラグビーユニオンとクリケットの両方でニュージーランドを代表した、いわゆる「ダブルブラック」と呼ばれる数少ないプロスポーツマンの一人です。60回のテストで44トライを挙げ、トライラインに立つことに慣れており、ボールを持てば常に危険な存在でした。


マイク・ブリューワー 

コースファシリテーター&ルースフォワード ポジション別コーチ

 

選手歴: オールブラックス 1986-1995(32キャップ)、スコットランドラグビー フォワードコーチ 2008-2009、セール・シャークス ヘッドコーチ 2010、NSWワラタス テクニカルアドバイザー 2012-2013、NTTドコモ ヘッドコーチ 2018-.

 

マイク・ブリュワー オールブラックスで32テスト出場。引退後は、日本のNTTドコモでコーチを務めるなど、数々の実績を残す。ブレイクダウンやタックルに関する知識が豊富で、イランで最も強力なルースフォワードのポジション別コーチの一人である。      


エローニ・クラーク 

ミッドフィールドポジション別コーチ

 

選手歴: オールブラック 1992-1998 (10 Caps), オークランドNPC 1991-2002

 

オークランドラグビー界の伝説的存在であるエロニ・クラーク。オークランドでファーストクラス154試合に出場し、1992年にオールブラックスデビューを果たした。そのパワー、スピード、敏捷性で、100トライ以上を挙げ、現代のミッドフィールドプレーヤーの青写真を築いた。


ウェスリー・クラーク

ロック&ルーズフォワード ポジション別コーチ  

 

コーチ歴: ブラックファーンズ アシスタントコーチ、女子ラグビーワールドカップチャンピオンシップ2017、マナワツターボス アシスタントコーチ&コーチディベロップメント 2011-14

 

ウェスリー・クラークは、ニュージーランド全土で選手とコーチの育成に深く携わってきました。プロフェッショナルなゲームに関する幅広い知識を持つウェスリーは、ラグビーでキャリアを積もうとするコーチと選手の両方にとって完璧な指導者である。  


グラント・ドゥーリー 

ファーストファイブおよびミッドフィールドポジション別コーチ  

 

コーチ歴: アシスタントコーチ トンガ 2017-2018、アシスタントコーチ ブルース スーパーラグビー 2012-2015、アシスタントコーチ 日本 RWC 2007 & 2011、アシスタントコーチ イタリア 2003-2005

 

マンリー・ワーリンガーとキーリー・クーガーズでラグビーリーグの選手として豊富な経験を積んだグラント・ドゥーリー。引退後、ラグビーユニオンのコーチを始め、すぐにサー・ジョン・カーワンと共に、イタイ、日本、オークランド・ブルースのコーチに就任した。


DJフォーブス 

セブンス・ルーズフォワードポジション別コーチ  

 

選手歴: オールブラックスセブンズ 2006~2016(512試合)、カウンティーズ・マヌカウNPC 2008~2012

 

DJフォーブスは、セブンス史上最も偉大な選手の一人として語り継がれるでしょう。オールブラックスセブンズに在籍した11年間に、DJは512試合をこなし、セブンズワールドシリーズで6つのタイトル、コモンウェルスゴールド、シルバーメダルを獲得し、2008年にはワールドシリーズプレーヤーオブザイヤーを受賞しました。


ブルース・ヘマラ

フッカー&プロップポジションスペシャルコーチ  

 

選手歴: 1982年NZマオリ、1985年オールブラックス。マナワツ・ターボス アシスタントコーチ 2003-2010

 

フロントローがボールを持って走ることが許されるようになる前からラグビーの大半をプレーしていたブルースは、今日のゲームにおいてフロントローに求められるすべての技術的スキルの達人である。


ニック・レガー 

ロック&ルーズフォワード ポジション別コーチ  

 

コーチ歴: 選手育成マネージャー/アカデミーマネージャー カウンティーズ・マヌカウ・ラグビー・フットボール・ユニオン 2009-2017, コーチングスタッフ サモア・アンダー20's

 

カウンティーズ・マヌカウ・アカデミー・マネージャーとしての8年間で、ニックは成長期の選手を育成するための貴重な知識とスキルを身につけ、一人ひとりがゲームにおいて潜在能力を発揮できるようにしました。


グレン・オズボーン 

アウトサイドバックポジション別コーチ

 

選手歴: オールブラックス(29 Caps)、ノースハーバーNPC 1992-1996、チーフス スーパーラグビー 1996 

 

オズボーンは、その回避的なランニングスタイルとトライラインのコツによって、あらゆるレベルのラグビーでその名を知られるようになりました。オールブラックスでは、29試合に出場し、17トライを記録しています。 


ジョン・プレストン 

ハーフバック&ファーストファイブポジションスペシャルコーチ  

 

選手歴: オールブラック 1991~1997年、ハリケーンズスーパーラグビー 1996~1998年、ウェリントンライオンズNPC 1993~1998年。ハイランダーズ スーパーラグビー アシスタントコーチ/スキルコーチ 2015-2017

 

ジョン・プレストンは、ラグビー界で傑出した選手としてのキャリアを築いた。ウェリントンとハリケーンズのファーストファイブとして活躍したジョンは、オールブラックスで27試合に出場しました。引退後、ハイランダーズのアシスタントコーチに就任し、チームを初のスーパーラグビー選手権に導いた。

”私もIRANZにスタッフコーチとして参加しました。最高のコーチ陣を揃え、時にマンツーマンでコーチングを行うこのハイパフォーマンスアカデミーを強く推薦します”

 

ジェイミー・ジョセフ(ラグビー日本代表ヘッドコーチ)

岸岡智樹選手@IRANZ