Tasmania Government Schools

タスマニア州政府教育プログラム

タスマニア州は、教育と指導における卓越性を誇っています。オーストラリアのカリキュラムにより、全国的な教育の質水準が保証されています。タスマニア州政府の学校は、質の高い学習環境を提供しています。各学校には最新のIT設備、科学設備、優れたスポーツ設備が整っています。学校は、生徒一人一人のニーズや目標に合わせた様々なプログラムを開発しています。留学生は、安全で協力的な環境の中で、質の高い教育を受け、歓迎されます。タスマニアの公立学校は、21世紀を生きる若者の準備のために、先導的な役割を果たしています。生徒の学力と批判的思考力を高めることに重点を置いています。

タスマニアの教育システム

タスマニア州政府は、幼稚園から12年生までの生徒を対象に学校教育を提供しています。生徒はプライマリースクール(4歳から11歳)で教育を始めます。その後、グレード7、ジュニアハイスクール(12歳〜15歳)で転校します。次の2年間は、Senior High School(16歳〜18歳)です。この時に、全国的に認められているタスマニア教育修了証(TCE)を取得します。高校を卒業すると、学生は進学を選択することができます。ほとんどの生徒が大学か職業教育のどちらかを選択します。学生は年間を通して入学することができます。ただし、12年生でTCEの受験資格を得たい生徒は、11年生と12年生の全学年を修了する必要があります。12歳以下(7年生)の生徒は、保護者の同伴が必要です。

ジュニアハイスクール(7-10年生)

タスマニアのジュニアハイスクールは、7年生から10年生(およそ13歳から16歳)の生徒を対象としています。ジュニアハイスクールの焦点は、読み書き、計算、ITのスキルをさらに向上させ、計画、問題解決、時間管理、意思決定などの幅広い対人スキルを身につけることができる環境を提供することです。必修科目と、個人の才能やキャリア志向に合わせた追加科目を組み合わせて学習します。各学校では、スポーツ、音楽、遠足など、さまざまな課外活動(エンリッチメント)も行っています。

利用可能な学校

ホバート

  • Kingston High School
  • Taroona High School
  • Rose Bay High School
  • Clarence High School
  • Hobart City High School

 

ローンセストン

  • Prospect High School
  • Queechy High School

 

デボンポート

  • Devonport High School

 

ノースウェスト

  • Burnie High School

カリキュラム

中学生になると、学問的なものから娯楽的なものまで、幅広い分野の勉強をすることになります。この時期は、どの教科に興味があるか、将来どの教科をさらに学びたいかを考えるのに、とても良い時期です。7年生と8年生では、主要科目である数学、科学、英語、人文科学に加え、体育、美術、コンピューター、デザイン&テクノロジーなどのレクリエーション科目を含む幅広い必修科目を学びます。9年生と10年生では、必修科目である数学、科学、英語、人文科学に引き続き取り組みますが、それ以外の科目は自分で選択することができます。たとえば、科学とコンピュータに強い関心がある場合は、コンピュータと拡張科学を選択することができます。科目リストはこちらからご覧になれます。

ESL(第二言語としての英語)

タスマニア州政府のすべての中学校では、キャンパス内で第二言語としての英語(ESL)の授業が行われています。各学校で提供されるプログラムは異なりますが、どの学校でも英語のレベルを向上させるための重要なスキルを学ぶことができます。自分のレベルに合った英語の授業が受けられます。ESLの授業は、数学、科学、歴史、美術などの「メインストリーム」科目と並行して行われます。つまり、タスマニアの地元のクラスメートと一緒に授業を受けることができ、英語力を磨くのに最適な方法です。また、キャンパス内では、サポートティーチャーによる英語サポートも提供されます。

 

成績評価

中学校の大半は、生徒に試験を課すことはありません。中には試験を課すところもありますが、試験の目的は生徒が進学するための準備です。その代わりに、課題、プロジェクト、テストなど、年間を通して評価活動を行います。

 

中学校での成績に関係なく、高等学校へ進学することができます。中学校での成績によって、高等学校でどのレベルの教科に進学できるかが決まります。例えば、Year10で数学の成績が良かった場合、Year11では「大学入学前」のレベル(レベル3)で数学を学ぶことができます。Year 10で数学の成績があまり良くなかった場合、Year 11で数学のレベル2を勉強し、Year 12でレベル3に進むことができます。Senior High School での継続学習についての詳細は、Academic Program の詳細をご覧ください。

入学時の英語レベル

タスマニア州政府立中学校への入学に必要な最低英語レベルはありません。直近の学校の成績表を拝見させていただくだけです。

シニアハイスクール(11-12年生)

タスマニアの高校を卒業した生徒の98%が、出願後、オーストラリアの大学からオファーを受けています。これは、オーストラリアの他のどの州よりも高い数値です。タスマニア州の公立高校は、オーストラリアの他の州とは異なる構造になっています。11年生と12年生(約16歳から18歳)の生徒は、ジュニアハイスクールで学ぶ生徒とは異なるキャンパスに通います。シニアハイスクールの構造は、生徒により多くの独立性を与え、強い労働倫理を身につけるよう促しています。このプログラムは、生徒が高等教育や将来の就職に応用できる一連のスキルを身につけることができるように設計されています。生徒たちは、質問をしたり、意見を述べたり、活動に参加するよう奨励されています。自分で考え、自分で学べる学生を作ることが意図されています。生徒が問題を抱えている場合、助けを求めることが期待されています。教師は、すべての生徒が合格するように手助けをし、いつでも特別授業を受けることができるようにしています。シニア・セカンダリー・カレッジの学習スタイルは、一見するととてもカジュアルに見えるかもしれません。学生は制服を着用せず、教師との関係もほぼ非公式ですが、尊敬の念を持って接しています。生徒たちは、先生をファーストネームで呼ぶこともあります。タスマニアのシニア・ハイスクールでは、様々な科目の選択肢を提供するとともに、特別興味あるコース、スポーツ、小旅行などの課外活動の選択肢も豊富に用意されています。

受入可能な学校

ホバート

  • Elizabeth College
  • Hobart College
  • Rosny College

 

ローンセストン

  • Launceston College
  • Newstead College

 

デボンポート

  • Don College

カリキュラム

11年生と12年生では、学習する科目を選択することができます。ESLは必修科目ですが、その後、自分が集中したい科目を選択することができます。幅広い分野の科目が用意されています。数学、科学、歴史、宗教などのアカデミックな科目から、写真、演劇、野外教育などのレクリエーション科目まで、さまざまな科目が選択できます。タスマニアの高等学校では、職業訓練も行われています。ホスピタリティ、ツーリズム、自動車、ビジネスなど、さまざまな分野のサーティフィケートIとIIを取得することができます。これらのコースは、TasTAFEでさらに職業訓練を受けるための経路に接続されています。多くの場合、選択する科目は希望する職業に関連した科目になります。科目リストはこちらで確認できます。

ESL(第二言語としての英語)

高等部では、他の選択科目と並行して、English as a Second Languageなどの英語科目を勉強することが求められます。英語のレベルが高い場合は、現地の生徒と一緒に英語コミュニケーションや英語ライティングなどの英語科目を学ぶこともできます。この科目以外でも、キャンパス内で英語の授業やサポートを受けることができます。

成績評価

高等学校での評価は、勉強する科目によって異なります。ほとんどの科目では、年に2回の試験期間に加え、年間を通して課題、プロジェクト、テストが評価されます。一般的に、最終的な成績の約70%は内部成績(課題など)、30%は試験によるものです。つまり、試験でとても緊張してしまったり、試験であまり良い結果を出せなかったりしても、内部評価で良い結果を出すことができるのです。

2022年度日程

生徒は、学年を通じていつでも入学することができます。ただし、11年生と12年生については、全学年を修了することが推奨されています。

 

1学期 2月9日から4月14日

2学期 5月2日から7月8日

3学期 7月25日から9月30日

4学期 10月17日から12月21日

プログラム費用

授業料

ジュニアハイスクール(7-10年生) A$13,000

シニアハイスクール(11-12年生) A$14,000

 

ホームステイ

A$300/週

 

年間約240万円(2023年1月現在)

英語学習について

タスマニア州のすべての公立学校は、キャンパス内でEAL(English as an Additional Language)の授業を行っています。各学校で提供されるプログラムは異なりますが、どの学校でも英語のレベルを向上させるための重要なスキルを学ぶことができます。各自のレベルに合った英語の授業が受けられます。

 

次のようなことが学べます。

  • 新聞記事、短編小説、詩、小説など、初級から中級のテキストを読む。
  • 会話、グループワーク、インタビュー、スピーチなどを通して、話したり聞いたりする。
  • 文法、句読法、スペルの上達
  • ボキャブラリーを増やす
  • 文章に対する反応を書き、自分の考えを説明し、意見を述べることができる。
  • 日記、ニュース記事、物語、手紙を書く
  • 勉強を管理し、勉強のスキルを向上させる
  • リサーチを行う
  • 求職票や履歴書を書く
  • 情報およびコンピュータ技術を利用してコミュニケーションを図る

 

授業では、さまざまなアクティビティを通じて、学習意欲を高め、双方向的に学習します。これには以下が含まれます。

  • クラスディスカッション
  • 黙読
  • ジャーナルライティング
  • 映画やCDの鑑賞とリスニング
  • 博物館、史跡、その他興味のある場所への小旅行
  • グループワーク

 

授業で扱うトピックには、以下のようなものがあります。

  • アイデンティティ
  • 家族
  • 日常生活
  • 交通機関
  • 好きなもの、嫌いなもの
  • 食べること、飲むこと
  • 地理
  • キャリアと教育
  • 趣味・関心事
  • 文化や伝統

 

小学校では、英語の授業はクラス担任が担当し、さらにキャンパス内でサポート教師が英語のサポートを行います。

 

中学校では、数学、科学、歴史、美術などの「メインストリーム」科目と並行して、EALの授業が行われます。このため、タスマニアの地元のクラスメートと一緒に授業を受けることができ、英語力を磨くのに最適です。また、キャンパス内では、サポートティーチャーによる英語サポートも提供されます。

 

高等部では、他の選択科目と並行して、第二言語としての英語など、英語の科目を勉強することが要求されます。この科目以外でも、英語の授業やサポートが受けられます。

充実した留学生サポート

留学生アドバイザー

タスマニア州政府のすべての学校とTasTAFEキャンパスには、留学中あなたをサポートする専任のスチューデントアドバイザーがいます。留学生アドバイザーは、月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(直接または電話やEメールで)、タスマニアに慣れるためのアドバイス、オリエンテーションの管理、そして何か問題や課題がある場合の最初の連絡先として対応します。留学生アドバイザーは、教員や他の学校、TasTAFEスタッフと連絡を取り合い、あなたの学業の進捗状況を確認します。コースの変更が必要な場合、または進路の計画についてアドバイスが必要な場合、留学生アドバイザーは必要なすべての答えを提供します。

 

教員

教師もまた、あなたの学習をサポートすることができます。オーストラリアでは、教師は生徒の成功のために全力を尽くします。そのため、質問や追加支援の要請には、時間をかけて丁寧に対応し、援助してくれます。

 

24時間365日対応の緊急電話回線

タスマニアの公立学校またはTasTAFEで学ぶすべての留学生のために、1日24時間、週7日体制の緊急電話回線が用意されています。万が一、留学生が何らかのトラブルに見舞われた場合にも、遠く離れた場所で助けを得ることができます。

 

言語と学習のサポート

タスマニアの公立学校とTasTAFEは、留学生に専用の英語サポートを提供しています。新しい英語の用語や単語を覚えるのにサポートが必要な場合や、より詳しいサポートを希望する場合は、コースの授業と並行して追加料金なしで利用することができます。

 

出発前の情報

母国を出発する前に、タスマニアでの生活に役立つ情報を記載した出発前ガイドをお送りします。このガイドには、航空券、衣料品、生活費、買い物、交通、銀行などの情報が記載されています。また、タスマニアでの生活に関するその他の質問にも喜んでお答えします。TasTAFE出発前ガイドはこちら、タスマニア州政府学校出発前ガイドはこちらからもダウンロードできます。

 

空港での出迎え

最初の到着時に空港で出迎え、宿泊先まで案内しますので、落ち着いて生活することができます。タスマニア州政府は、初回到着時の空港出迎え費用を請求しません。

 

銀行と電話のセットアップ

タスマニアに到着後、携帯電話や銀行口座の開設をお手伝いします。

 

オリエンテーション

タスマニアの公立学校とTasTAFEで学ぶすべての留学生は、勉強を始める前に詳細なコースオリエンテーションを受けます。オリエンテーションでは、学習する科目の概要、毎週の授業時間数、授業の時間割などが説明され、学生への期待も設定されています。

 

学生用カフェと学習施設

すべてのキャンパスには、温かい食べ物や冷たい飲み物を提供する学生食堂があります。また、キャンパス内には最新の図書館やコンピューター施設もあり、学生は学習期間中いつでも利用することができます。

 

バディ制度

タスマニア州政府認定校プログラムのほとんどの学校では、バディシステムを導入しています。バディとは、地元タスマニアの学生で、学校内の案内やアクティビティに関する情報を教えてくれたり、学校生活に慣れ、友達を作る手助けをしてくれる存在です。