米国大学スポーツ留学

幼少期から才能を見込まれたジュニアは保護者の献身的で全面的な協力のもと、学業もそこそこにスポーツ一辺倒になりがちです。高校を卒業後プロになる選手も多くいますが、ITF曰く「現実は厳しく、それらの若い選手はプロトーナメントでほとんどインパクトを残せません。若い選手はそのままプロになるしかないと思いがちですが最近では多くのプロが大学を経由するようになり、それによりプロとしての可能性を高めています」。

世界最大のネットワークで次世代学生アスリートへ

私たちプランBは米国NCSAの日本のエージェントとして正式契約しており、これにより世界最大の大学リクルーティングネットワークと最先端のオンラインプラットフォームを活用したサービスをご提供しています。参加者である日本の学生はこのデジタルツールを活用しながら日米のアドバイザリースタッフの幅広い知識と経験そしてモニタリングを得て、全米の大学からスポーツはもちろん学業面でも自分に最適な目的地を選んでいきます。アメリカの大学リクルーティングを熟知したアメリカ人スペシャリスト達のコーチングを受けながら、日本にいる日本人スタッフのサポートにより言葉や文化の壁に余計なストレスなく対応し、本来すべきことに集中できる体制がこのプログラムを特徴付けています。

NCAA

The National Collegiate Athletic Associationの頭文字を取ったもので、日本語では全米大学体育協会となります。1,123の大学の19,500チーム、約50万人の選手が24のスポーツに登録されており、毎年90もの選手権がNCAAにより運営されています(2018年1月時点)。またそれらイベントなどで得た収入のうち29億ドル(3,000億円以上)の奨学金を毎年15万人に支給しています。この他に学生アスリートの学業との両立や安全を促進するためのルール作りやトレーニングプログラムの研究などの活動を行い様々な面からサポートを行っています。

NCAAのディビジョン

NCAAにはI, II, IIIの3つのディビジョンがありそれぞれ347校, 309校, 442校の大学が所属しています。ディビジョンIでは複数年で生活費なども含めた奨学金が与えられるのに対してディビジョンIIの奨学金は部分的なもの、ディビジョンIIIについてはスポーツ奨学金はありません。学生数は総じてディビジョンIが最も多く平均で約10,000人、次いでディビジョンIIの約2,500人、ディビジョンIが2,000人未満です。

NCAAからプロへ

約50万人いるNCAAの学生アスリートの中で、実際にプロになれるあるいはオリンピックで活躍できるのはほんの一握りという現実があります。バスケットボールでは男女それぞれ約1%、サッカーとアメリカンフットボールではそれぞれ約1.5%です。一方野球では9%と比較的高い確率となっています。いずれにせよ大多数がプロ選手以外のキャリアを選ぶことになり、その場合大学での教育を受けたことがその後の人生の大きな助けになるということとなります。

NCAAの競技参加条件

NCAAの学生アスリートになることは非常に魅力的ですが、一方で学業とスポーツの両立が求められるため、希望者は入学前から幾つかの条件をクリアする必要があります。例えばディビジョンIでは高校在学中の規定科目でのGPAで2.3以上を求められ、さらにそれに応じたSATのスコアをマークする必要があります。GPAが低いほどSATで高得点が求められる仕組みですので、日本人の学生は高校生の時から英語とSAT両方の準備が必要となります。GPAが2.3未満でSATの条件を満たす場合は"Redshrts"になり初年度の試合への参加が禁止、GPAが2.0未満の場合は試合だけでなく奨学金もトレーニングも禁止されます。

プログラム対象スポーツ

男子


  • テニス
  • 野球
  • アメフト
  • アイスホッケー
  • 水泳
  • ボート
  • 陸上
  • 水球
  • バスケ
  • ゴルフ
  • ラクロス
  • サッカー
  • バレー
  • レスリング

女子


  • テニス
  • バスケ
  • フィールドホッケー
  • ゴルフ
  • ホッケー
  • ボート
  • ソフトボール
  • バレーボール
  • ビーチバレー
  • レスリング
  • フラッグフットボール
  • 体操
  • ラクロス
  • サッカー
  • 水泳
  • 陸上
  • 水球

男女共通


  • チアリーディング
  • Eスポーツ

プログラム内容


参加者はスポーツの「履歴書」をオンラインプラットフォーム上に作成します。ここには名前はもちろん学校名、身長・体重などの情報から国内外ランキングや大会成績などの実績、プロモーション動画などが含まれます。それ以外に学校の評定平均やSAT/ACTスコアまで学生アスリートとしての資質が一眼でわかる状態を作ります。このデータベースを35,000にものぼる大学のコーチが検索し、また逆に学生は所属団体やディビジョン、チームレベル、学業レベルから予算まで条件検索を行い、直接その大学のコーチとコミュニケーションをとることが可能になります。こうして進学先や奨学金などの条件が決まっていくわけですが、このオンラインツールも含めやりとりは全て英語となり、アメリカ人にとっても一筋縄でいかないプロセスを行うのは容易なことではありません。そこで私たち日米のスタッフが一人一人にとって最もフィットした、そして条件のいい進学先が探せるようサポートします。

 

  • デジタルプラットフォームへのアクセス
  • オンラインリクルーティングクラスへの参加
  • お気に入り大学の入力とマッチング解析
  • 大学コーチへの直接連絡
  • 専門家主導のグループセッション参加
  • メッセージセンターからのコーチへのEメール
  • 検索ランキング上位表示
  • プロの編集によるハイライトビデオ
  • 週7日のライブサポート
  • カレッジコーチへのプロモーション
  • リクルーティングコーチとのカスタム評価セッション
  • リクルーティングコーチによる大学資金相談
  • Princeton ReviewによるSAT/ACT準備コース
  • あなたのリクルート活動全体をサポートするパーソナルコーチ

その他日本語での:

  • オンラインプラットフォームへの登録方法説明
  • トラブルシューティング
  • 長期戦略設定と状況確認
  • スポーツおよび学業成績の評価
  • 英語力の確認およびアドバイス
  • 進学先決定に関するアドバイス
  • 米国学生ビザ取得アシスタンス
  • その他渡航アドバイス
  • 渡航アレンジ

奨学金を含むオファーの獲得

奨学金を含む大学のオファー獲得にはスポーツのスキルや実績に加えて、英語力の証明、そしてアメリカの共通テストのスコアが必要になります。また中学3年生から4年間の指定科目の評定平均も極めて重要になることからどの科目を取るか、場合によっては日本でどの高校に進学するかの戦略から必要になってきます。

 

これらはどれも長期的に戦略を立てて実践する必要があり、それぞれの準備はできれば中3あたりからはじめることをお勧めします。もちろんそれ以降、例えば高校3年生からの対応も可能にはなりますが準備期間が少なくなるに従って大学の選択肢は少なくなっていき、また奨学金の条件も不利になっていくことは理解しておく必要があります。

 

私たちは学業面でも深い知識と経験を持っており、英語や共通テストについても国内外の専門機関と連携しこれらの対応にあたり、奨学金獲得と大学の受け入れ可能性を可能な限り高め、また条件を有利にします。アメリカの大学スポーツに興味がありそこでプレーしてみたいと考えている方は後悔しないためにも早めの準備を心がけてください。

プログラム実績


  • 95%の全米大学プログラムへのロースター登録
  • 34スポーツ、35,000人を超えるコーチとのネットワーク
  • 10万人以上のリクルーティング実績

プログラム参加条件


  • 中学3年生〜高校3年生
  • スポーツに本気で取り組んでおり、大学進学後も継続すること*
  • 高い英語力または英語に対してのモチベーション*
  • 中学3年生以降の5教科評定平均で3.3以上(5段階評価)を取れる見込みがあること

*学年によって必要とされるレベルが違います。詳しくはお問い合わせください。

 

 

私たちのミッションは、日本の次世代を担う学生アスリートとその才能をより高いレベルに引き上げられるアメリカの大学とを結びつけ、彼/彼女たちがそこで人として大きく成長し、競技だけでなく長い人生での成功をつかむ手助けをすることです。これまでのような「スポーツか学業か」というギャンブルではありません。「スポーツも学業も」そして結果的に人生のキャリアを成功に導くことが重要だと私たちは考えます。

よくある質問

Q. いつから準備を始めればいいですか?

A. 中学3年生以降、早いに越したことはありません。評定平均は中3のものからカウントされることと、場合によって高校選びから考えるほど戦略的に進める必要があること、そして英語力を上げるには長い時間が必要となるためです。

 

Q. 高校3年生からの準備では間に合いませんか?

A. 十分間に合う場合とそうでない場合があります。例えば中3からの評定平均が5段階で3以下、英語力がゼロの場合はスポーツの実績が十分であった場合でも選択肢がない、あるいは大幅に狭まります。

 

Q. スポーツで際立った実績があるわけではありませんが挑戦できますか?

A. スポーツにもよりますし、ターゲットとするところ、スポーツ以外の条件にもありますので一度ご相談ください。

 

Q. 英語が全くできないのですが大丈夫ですか?

A. 準備をはじめる時期にもよります。アドバイスはしますがコーチと話すのは学生自身ですので、例えば高3で英語力がゼロであればかなり苦労はすると思います。

 

Q. アメリカの大学に全額奨学金で通えるということですか?

A. その場合もあります。ただしスポーツ、性別、その他多くの条件によりますのでご相談ください。

 

Q. その奨学金に返済義務はありますか?

A. 海外で言う奨学金とは基本的に返済義務がない「給付型」になります。ちなみに返済義務があるものは「ローン」と呼ばれます。したがってここでいう奨学金に返済義務はありません。

 

Q. 必ず奨学金はもらえますか?

A. 奨学金の可否とその金額は不確定要素が多く同じ条件でもオファーが届く場合とそうでない場合がありますので、はじめからそれを確約することはできません。ただし一定の確率でそれを予想することはできますのでご相談ください。

 

Q. 話を聞くのに費用は要りますか?

A. カウンセリングは無料ですのでご安心ください。