🇺🇸   アメリカ フロリダ州ブレーデントン

IMGアカデミー

IMGアカデミーについて


米国フロリダ州のブレーデントンにあるIMGアカデミー(IMG Academy)は、多数の世界的トップアスリートを輩出しテニスの錦織圭選手の母校としても知られる世界屈指の名門スポーツアカデミーです。

1978年にニック・ボロテリーがニック・ボロテリーテニスアカデミーとして開校し、その後マネジメント会社であるIMGが買収、IMGアカデミーとなりました。その後拡張を続け現在では東京ドーム40個分以上の広大な敷地にテニス、バスケ、ゴルフ、サッカー、陸上、アメフト、ラクロスがあり、なおかつフロリダ州認可校としてのボーディングスクール(寮を併設する中学/高校)やカフェテリア、ジムなどを併設。2018年10月にはホテルも完成、この上ない施設でMLB、NFL、NBAなどのプロ選手から、各国ナショナルチームを含む多くの現役アスリートがトレーニングに訪れています。プロ養成機関と思われがちですが、ここはあくまで学校であり卒業生の98%が大学に進学し、その多くが奨学金を得ています。またディビジョン1と呼ばれるトップ校へ毎年多数の合格者を送り込んでいる進学校でもあり、アメリカをはじめ世界各国の生徒と共に生活し学ぶことで英語力の向上はもちろんグローバルな国際感覚を養うことができます。

寮(アセンダーホール)について


IMGアカデミーの寮(アセンダーホール)
IMGアカデミーの寮(アセンダーホール)

MGアカデミーにはアセンダーホールと呼ばれるスタイリッシュな学生寮が3棟あり、建物の前にはプールと屋外バスケットボールコート、そしてサッカーなどができる人工芝スペースが併設されています。各部屋には2段ベッドが2つとバスルーム・シャワーが備わっており、一人ずつロッカーと鍵のかかるセーフティボックスが与えられます。各部屋には年齢別で合計4名までが共有(長期の学生は通常2人で共有)。各フロアにはランドリールームがあり、洗濯機・乾燥機が複数台提供されています。また各棟の1階には寮スタッフが複数常駐し、共有スペースにはソファやテレビ・自動販売機・卓球台なども設置。入口には寮のスタッフとは別にセキュリティスタッフが24時間常駐しており、セキュリティカメラは寮内のいたるところに配備されています。

食事(キャンパスセンター)


IMGアカデミーでの食事は3食とも寮の斜め向かいに位置するキャンパスセンターのカフェテリアで提供されます。朝食はスクランブルエッグやソーセージ、パンとヨーグルト、フルーツ、シリアルなどから選択。昼・夕食はさらに選択肢が増え、新鮮で多種にわたる野菜やハム・チーズからメインの牛肉、豚肉、鶏肉、魚などバランスの取れた食事が様々な味付けで提供され、また日替わりでクラムチャウダーなどのスープも用意され長期滞在でも飽きにくい工夫がなされています。このほかピザやうどん・そばなどの購入も可能です。

トレーニングジム


IMGアカデミーのメインスポンサーの一つであるゲータレードとの共同開発により最新設備の整ったジムが併設されており、フィジカルが科学的かつ効率よく鍛えられる仕組みとなっています。長期生の場合トレーニング機器に備え付けられたタブレットに個人情報が蓄積され、成果を確認しながらゴールに向けて個別に設定されたメニューをこなします。このプロセスには怪我を未然に防ぐ役割も含まれており、これがアスリートにとって非常に大きな意味合いを持ちます。最新理論に基づいた科学的トレーニングは日本でのトレーニングと比較して最もアドバンテージの大きいエリアの一つであり、結果として筋力やパフォーマンスに大きな差が出やすい部分でもあります。

キャンパスマップ

東京ドームが40個以上入る広大な敷地に18ホールのゴルフコースから50面以上のテニスコート、2桁のフルサイズ天然芝サッカーコート、観客席を備えたスタジアムまで、世界中から各競技のプロやナショナルチームもグループ・個人問わずトレーニングに訪れる施設が展開されています。

IMG Academy campus map
ダウンロード
IMGアカデミーキャンパス見取り図
PDFファイル形式でダウンロードしていただけます。
2019-foldout-map.pdf
PDFファイル 587.2 KB

競技種目


テニス

野球

アメフト

サッカー


バスケ

ゴルフ

ラクロス

陸上


2022年IMGアカデミーキャンプ費用(各スポーツ共通)

1週間: 約27万円

3週間: 約79万円

 

2022年2月9日現在

お申し込み方法

渡航日、週数等詳細を確認した上で費用を確定させ、最終合意の後お申し込みをしていただきます。IMGアカデミーへの登録が済むと健康診断を含む書類提出に進んでいただきます。並行して航空券、保険等を用意します。渡航数週間前には状況に応じて個別またはグループでオリエンテーションを行いますので持ち物 や心の準備もできます。もちろん電話やEメールにて普段から何度でもご質問をして不安や疑問点を解消できますのでご安心ください。