バレーボール

プログラム構成

IMGアカデミーのバレーボール・プログラムは、コート、教室内、また課外活動を通じて、夢を追求できる環境を学生に提供しています。8月から6月にかけて、学生アスリートはカレッジライクなカリキュラムとスケジュールを体験し、各々の目標を達成するために必要なリソースやツールを年間を通じて利用することができます。個人の年齢や経験レベルに関係なく、IMGのバレーボール・プログラムは、強力な基礎から競技中のエリートや技術的な戦略まで、ゲームのあらゆる面を強化する総合的なトレーニングです。

 

このプログラムの対象は現在7年生から12年生までです:

シーズン前の準備

9月

  • 評価とテスト(フィジカルとバレーボールスキル)
  • ストレングス&コンディショニング・プログラム紹介
  • テクニカル&ファンダメンタル・トレーニング

10月~11月

  • 集中ストレングス&コンディショニング・トレーニング
  • 保護者と選手に配布されるIDP(個別育成計画書
  • 少人数およびチームでの技術・戦術トレーニング、基礎的なスキルワーク
  • 地元での競争

12月

  • チーム戦略ワークと継続的な能力開発(ポジション別)
  • 大学進学プランニング&NCSA大学リクルートメントサービス(U16以上に適用)
  • プレシーズン・トーナメント

競技シーズン

1月~3月

  • 地方大会、全国大会、トーナメント
  • チーム戦略、ポジション別スキルワーク、基礎的な育成に引き続き重点を置く
  • メンタルタフネス、リーダーシップ、栄養トレーニングに重点を置く
  • ビデオ分析セッション
  • トーナメント後のヨガを含む、シーズンオフの準備とリカバリー
  • 大学コーチのための公開練習
  • 継続的な大学進学プランニングとNCSA大学リクルートメント・サービス(U16以上に適用)

4月~6月

  • 地方大会、全国大会、トーナメント
  • チーム戦略、ポジション別スキルワーク、基礎的な育成に引き続き重点を置く
  • ビデオ分析セッション
  • シーズン終盤にコートの外でのトレーニングを増やす
  • メンタルタフネス、リーダーシップ、栄養トレーニングに重点を置く
  • 大学コーチのための公開練習(ポストシーズン)
  • 選手最終評価(ポストシーズン)
  • 夏期トレーニング計画を提供

才能の開発

部員は、ビジョントレーニング、ストレングス&コンディショニング、栄養学、スポーツ医学などの分野で実績のあるパフォーマンストレーニングを受けることができます。アスレチック・ディベロプメントのコーチとトレーナーは、プログラムの大きなサポート・システムに統合されており、各生徒アスリートがコート外でも自信を持ち、準備万端であることを保証します。

ストレングス&コンディショニング

IMGのストレングス&コンディショニング・チームは、学生選手が潜在能力を発揮できるよう、バレーボール・トレーニングを補う特別なプログラムをデザインしています。

  • スピード、敏捷性、動き
  • 持久力とコンディショニング
  • 強さとパワー
  • 柔軟性、可動性、バランス、体幹

スポーツ医学

IMGのスポーツ医学プログラムは、学生アスリートが厳しいトレーニングや競技のスケジュールの中でも健康な体を維持できるよう、教育やサポートを行っています。私たちのチームは、予防的・矯正的エクササイズ、総合的なケガの評価と治療、動きの質の評価を通して、アスリートの可用性を促進します。

  • アスレティック・トレーニング
  • 理学療法
  • 負傷したアスリート・プログラム
  • 矯正エクササイズ
  • リカバリー
  • 傷害管理に関する教育
  • プレー復帰管理

栄養

IMGアカデミーでは、学生アスリートにとって、ハイレベルなライフスタイルやスポーツの要求に応えるための燃料補給がいかに重要であるかを理解しています。私たちのニュートリション・プログラムは、学業、スポーツ、そして長期的な健康のために燃料と水分を補給するための栄養に関する知識とリソースを学生に提供することで、学生のアスリートのパフォーマンスを最大化します。

  • 最適な日常栄養
  • パフォーマンス・プレート
  • 栄養素の摂取とタイミング
  • 水分補給戦略
  • サプリメント教育
  • 競技前後の給油
  • 旅行栄養学
  • エネルギーバランス

ビジョントレーニング

ビジョントレーニングは、ただ見るだけではありません。学生アスリートは、目の筋肉と視覚システムの発達を通じて、より迅速かつ効率的にパフォーマンスを発揮できるように目を鍛えます。

  • 手と目のコーディネーション
  • 周辺視野
  • 反応時間
  • 奥行き知覚
  • ビジョン強度

設備

バレーボール部員は、イースト・キャンパスの施設内にあるIMGの最新鋭コートで室内トレーニングを行います。この施設には、2面のコートと、パス、ヒッティング、セッティング、サーブ、戦略セッションなど、ポジション別のセッションを行うエリアがあります。コートスペースに加え、バレーボール・プログラムでは、ストレングス&コンディショニング・トレーニングやその他のパーソナル・ディベロップメント・セッションが行われるパフォーマンス・センター、チーム・ミーティング・エリア、ロッカールームも利用できます。スポーツ以外でも、女子バレーボール部員は以下の学内施設を利用することができます:

  • 寮とレクリエーションエリア寄宿生は、スイートスタイルの寮の部屋、ランドリールームやサービス、自習室、交流やキャンパス活動のためのレクリエーションエリアなど、大学のキャンパスと同じような設備を体験
  • キャンパスセンターキャンパスの中心に位置するIMGのキャンパス・センターには、ジョンズ・ホプキンス・オール・チルドレンズ病院が提供するヘルス・サービスや書店のほか、いくつかのダイニング・オプション
  • アカデミック・センター:すべてのアカデミック・クラスはこの3階建ての建物内で行われ、大学進学のためのガイダンス、個人指導、自習室、その他アカデミック関連のクラブや機会も提供

ヘッドコーチ: ドナルド・サクショ

戦乱のアルバニアで男子バレーボール代表コーチの息子として育ったドナルド・サクショは、15歳のときに家族とともにアメリカに移住。情熱と才能に突き動かされ、奨学金を得て南カリフォルニア大学に入学。大学レベルで優秀な成績を収めた後、彼はプロとして名を上げ続け、特に12年間アメリカ・オリンピック・バレーボールチームのキャプテンを務めた。2015年には初のコーチ業に転身し、新進気鋭のスター選手たちを指導し続けている。

経歴

カレッジ

プレー経験

  • USC(南カリフォルニア大学)コミュニケーション学士号(4年)スターター&キャプテン
  • USC歴代エース・シングルシーズン記録
  • オールアメリカン・ファーストチーム2回
  • NCAA年間最優秀選手
  • MPSF年間最優秀選手
  • 2 MPSFオール連盟チーム
  • USCトロジャニア・ダイヤモンド賞
  • 名誉スカラーアスリート賞2回受賞

プロ

プレー経験

  • 12年USAオリンピックチームキャプテン/セッター
  • 米国チームのセッターとして2度のオリンピック出場(ギリシャ/ロンドン)
  • 世界選手権/ワールドカップ
  • (14年間プロ選手(ポーランド、トルコ、ギリシャ、イタリア、ロシア、アルゼンチン、ドバイ) イタリアリーグMVP&スーパーカップチャンプ
  • プロビーチ・プレーヤー

コーチング経験

  • USC男子アシスタントコーチ
  • SCVC女子クラブチーム
  • U17/サンタモニカ・ビーチクラブ少年少女ヘッドコーチ
  • 949 クラブチームHC U15,16,17,18
  • メーテル・デイ高校 アシスタントヘッドコーチ
  • USAハイパフォーマンスコーチ U19、18、16女子-フォルツァ1 バレーボールコンサルタント U15-U18女子

学業

6年生から12年生まで、また大学院進学のオプションも提供するIMGは、バレーボールの学生アスリートたちに、大学生活やその先の厳しさに備えるための充実した学業カリキュラム、比類のない学業サポート、リソースを提供しています。

 

バレーボールの学生アスリートにとって、最適な大学を見つけるための自信と装備を感じることは非常に重要です。IMGアカデミーの実績のある、業界をリードする大学斡旋サービスとテクノロジーは、世界中のどのプログラムよりも多くの学生アスリートを大学ロースターに斡旋してきました。

学費・費用

キャンプ: $2,449〜

ボーディングスクール: $86,400〜

 

2023年10月10日現在

 

費用に含まれるもの: フルタイムトレーニング費用、寮滞在費、滞在中の食事、飲み物ほか

 

費用について詳しくはこちらをご覧ください